看護教育

教育方針

  ○ 看護の専門職として、人間性を磨き、看護の質を向上させる。

  ○ 社会の動向を踏まえながら、専門職としてスキルアップに努める。

  ○ 中間管理職の更なる資質向上を目指し、組織に貢献できる人材となる。

 

教育計画作成の基本的な考え方

  ○ 新人看護職員は、厚生労働省が示した新人看護職員研修ガイドラインを踏まえて教育計画

    を作成しています。

  ○ 経年別、テーマ別、トピックスなどの教育は、当院の「教育ラダー“いなんの桜の成長”」

    を下に計画しています。

  ○ 中間管理職が、教育計画作成を担当しています。

  ○ 各職場でのOJTを重視し、院外への研修(Off-JT)にも積極的に参加しています。

いなんの桜の成長

 

 

①新人看護職員の教育計画の組織図

 

新人看護職員ガイドライン

 

②各経年別研修計画

 【平成24年度 看護職員研修プログラム】

  ○ 平成27年度 看護職員研修プログラム(新人看護職員用)

  ○ 平成24年度 看護職員研修プログラム

 

③急性期看護補助加算対象の研修の考え方

   教育目標

    良質な医療を提供するために、看護職等の専門職種が専門性を必要とする業務に専念でき

    るよう、適正な人員配置と役割分担を行うとともに、看護補助者(介護職)が専門職とし

    てその能力を発揮できるようにする。

 

   教育内容

    1) 医療制度の概要及び当該医療施設の機能と組織について

    2) 看護チームの一員としての患者への対応

     (接遇、倫理、個人情報の保護と守秘義務など)

    3) 看護チームの一員としての看護職種と役割分担と協働のあり方

    4) 看護補助者が担う看護業務(ベッドメイキング、清拭、移送の介助など)

    5) 看護補助業務における医療安全と感染防止等(緊急時の対応を含む)

 

   実施方法

    1) eラーニングで自己学習を行った後、上記項目を念頭においた集合教育とOJTを実施す

      る。

    2) 研修機会を捉え、Off-JTも進めていく。

 

    ※ 医政発第1228001号 厚生労働省医政局長の通達文書を念頭に教育のあり方を検討