看護部理念

病院理念

病院理念

病院理念

看護部理念

看護部重点目標

 全てのライフステージに寄り添う笑顔を引き出すために、慈愛・倫理・品格を向上させ、専門職としてのスキルを高める。

 

目標の背景

 人生100年時代を支えるために、全てのライフステージに寄り添い笑顔を引き出すケアは、実は非常に専門的なケアである。土佐清水市で暮らす上で、限られた医療資源の下、いかに安全で安楽なケアを提供することができるのか。救急から在宅まで、地域包括ケアシステムの道筋を切り拓いてきた結果、一定水準のケアを提供できる基盤体制は整いつつある。次は、土佐清水で暮らす全ての人々が生きがいをもって生活してゆける、医療、介護、福祉の総合的でかつ専門的サポート体制の充実が望まれる。例えば、定年退職後や障害者の就労支援、認知症患者と家族の自立支援、お母さんと子供の健やかな育み支援、働き盛りの健康管理など、一環して専門的スキルをつなぎ合わせるスキルとシステム作りが必要である。したがって、本年度は、昨年に引き続き、全てのライフステージに寄り添い、慈愛・倫理・品格を向上させることを継続することはもとより、更に専門的ケアの提供ができるよう、委員会の編成と組織編成を行う。また、認定看護師の養成や進学の支援を行うと同時に、幡多地域の認定看護師によるコンサルテーションをうける機会を実践的に実施する。次に、在宅医療連係事業の企画運営を地域連携室が介入することにより、更に地域マネジメントの視野を拡充する。また、身体拘束最小化委員会を設置し、身体拘束ゼロを目指す。そこから見えてくる、ケア、人を看る力を伸ばし、人間らしい生活と尊厳を保つことで、人間本来が持つ自然治癒力の向上を目指す。また、助産師外来の開設や認知症専門士による外来アプローチによるプライマリーケアの確立も目指す。これらの取り組みを実践する中で、専門職全てに必要な自律して研鑽する姿勢を向上させるために、教育システムも改定した。クリニカルラダーの導入や、大学、機関病院との連携を強化し、かつ、実践者であるスタッフ自身による新人教育の充実などを図る。こうした実践から教育そして実践へとマネジメントサイクルを円滑に回すことに徹し、本年度の重点目標の達成に向けて一丸となって切磋琢磨できる環境作りに取り組みます。